忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
2013年第4クール終了作品感想(普通アニメ編) (2014/01/12 )

前回のレビューを残念アニメ編という形でまとめてしまったので、今期のレビューは同じフォーマットでまとめていこうと思います。というわけで普通アニメ編です。

のんのんびより

やはり4コマ原作じゃなければこの手の日常物も見れるんだなと再確認。どうにも4コマ原作だと1ネタのスパンが短くてぶつ切り感がを感じてしまってイライラするんですよね。

ギャグとして見るとパンチが弱かったりするんですが、まぁ何回かは普通に笑っちゃったのでつまらないと切り捨てるには勿体無いかな、と。
あとギャグで埋めきれない放送時間枠をちょっと良い話で稼ぐのは作品相性的も良かったと思います。

制作陣がこの作品を”ギャグ物”として捉えているのか、”ちょっと良い話系日常物”として捉えているのかは謎ですが、やはり4話・10話が異常に良く出来ただけに”ちょっと良い話系日常物”としての成分が多かった印象ですね。それだけに最終回で中途半端にギャグを入れてしまったのが痛いかなと。
もうちょっと作品特性を掴んだ上で最終回を綺麗に良い話でまとめれば、良いアニメ見たなという満足感も高かった気がします。

まぁ概ねメディファク枠として考えれば大検討といった感じじゃないでしょうか。

ぎんぎつね

のんのんびよりと並んで今期の癒やし枠。こちらは完全にちょっと良い話系日常物の作品として仕上げてきてたので個人的な評価はのんのんより上。
あまりにのんびり過ぎる作風ゆえに退屈な話とかもあるんですが、なんだかんだ最終回で綺麗に要素を収束させているんで捨て回とかないです。運転手の恋路の話とかもけして捨て回じゃない。

あんまりシリーズを統括して何か言うようなアニメじゃないんですが、あえて言うなら藤村歩さん演じるハルが最高でした。
某ネット掲示板で書き込まれていた「おきゃんな声しやがって」という評が忘れられません。

本当はこういうアニメを夕方枠とかに放送してくれると完璧なんですが、どうにもそういう時代じゃないのが悲しい所です。

蒼き鋼のアルペジオ

アルペジオは普通は普通でも、普通にダメだった方の作品。3DCGでのキャラ作画とかは全然良くて、問題は脚本ですね。

”人間性”って大層なテーマを掲げている癖にやってることがひたすら安っぽいのは如何なものか。全部が全部ハリウッド映画にブチ込まれる”とりあえず感動しとけば良いシーン”に見えて超萎える。

しかも人間性以外に本当にテーマが無いのか登場人物が延々それしか言わないし、対するコンゴウも幼稚な反論しかしないしで全然テーマが彫り下がっていかない。なんなのこれ、メンタルモデル幼稚園なの?

そんでもって1クールしか枠が無いから原作から離れたオリジナルやろうって判断は良いんだけど、件のテーマ性が世界観や海戦と全然マッチしていない。
メンタル・モデルが特に理由もなくすぐに人間性に感化されるわ、役割放棄するわで回が進むごとに世界観設定がぶっ壊れていっておざなりになる始末。


いやー本当に2013年の岸誠二×上江洲誠作品はダメのダメダメでしたねぇ。
うーん岸監督ってこんなにダメでしたっけ。個人的には名作は作れないけど無難に面白い作品が作れる監督って評価だったんだけどなぁ……。


拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春から2017年までアニメ感想を書き溜めていました。現在はブログを移転しています。
移転先

基本ネタバレ含みますのでご注意ください。
ブログ内検索
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp