忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
2013年~2014年秋冬クールアニメに思うこと (2014/04/07 )

かなり久々の更新となってしまいました。
とりあえず改変期恒例のまとめ感想を作品ごとにつらつら書いていきたいと思いますが、その前にリハビリ的に雑感エントリをば。

2013年の4Qからの2クール作品及び2014年の1Qを見てて気になったのは、やたらと作画崩壊アニメが生まれていたことですね。パッと思いつくのは、「WakeUpGirls!」「ウィザードバリスターズ」「とある飛空士への恋歌」「サムライフラメンコ」の4作品。他にも僕の守備範囲外の作品で崩れていたアニメがあったかも知れません。

10年くらい前なら作画崩壊くらい日常茶飯事だったんですけど、今どき「酷い!」と思わず叫んでしまうような崩れ方って珍しいと思うんですよね。ここにきて4作品もまともに動かないレベルで作画崩壊するってちょっと驚きでしたね。

多少の作画崩壊には慣れていたつもりでしたが、やっぱアレだ、上記に挙げた作品のレベルで崩れるとシリアスな展開に感情移入しづらいって事を再確認しましたね。というか30分集中力を持たすのすらかなりキツイっす。
基本的にただでさえアニメ過多で視聴作品を絞っていかざるをえない状況なので作画が低調な作品は中身が良くても切り候補に入っちゃうのがどうにも残念。(ガッチャマンクラウズくらい突き抜けてれば話は別だけど。)

一視聴者レベルでも今どきまともに予算とスケジュールを組めばそれなりに作画が安定するって事が分かっているんで、企画段階で何か無理があったじゃないかなぇと勘ぐってしまいます。それはそれでしょうが無いなと思いつつも、作画崩壊させて貴重なアニメ企画を使い潰すってのはどうも腑に落ちないなぁ、と。

去年は1クールに無理矢理シナリオを詰め込みすぎて破綻しているアニメ企画が多いって話をしましたけど、どうも2014年は作画面でそういった自体が増えそうな予兆が……。たまたま今クールだけ重なったんだと思いたいですがねぇ……。

まぁ何かというと頑張れアニメプロデューサー!ってことですよ。シナリオ的にも作画的にも無理の無いアニメ企画を立てて欲しいものです。頼みますよ、ホント。

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春から2017年までアニメ感想を書き溜めていました。現在はブログを移転しています。
移転先

基本ネタバレ含みますのでご注意ください。
ブログ内検索
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp