忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2018/05/24 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年1月第五週のアニメ感想 (2013/02/06 )
2013年01月27日から2月2日までに放映されたアニメの感想です。


神世界より 17話


26歳編に突入。早季役の種田梨沙さんは芸達者だねぇ。12歳・14歳・26歳とキャラクターの年齢に合わせて上手く演技を変化させていて、成長した早季にも違和感なくスッと馴染めたな。
バケネズミの聴取シーンでは各キャラクターの声・作画での演技が細かくて嫌な緊張感が伝わってきたなぁ。この作品は本当こういう絶妙な緊張を描くのが上手い。

26歳編は序盤から今までの伏線を生かした話づくりになっていて次回への期待も高まるな

ラブライブ! 4話


引っ込み思案な性格だけどアイドルに憧れる花陽の葛藤を描く地味な回ながら魅せ方が丁寧で見ていて飽きない。
ラブライブはこの辺が不思議なんだよなぁ。
あらすじだけ見たら超ベタだし、見てても普通に先が読めるんだけど引き込まれる。脚本の段階でベタを外さない程度に描くべき描写を押えつつ、遊べる所を全力で遊びにいって演出もその遊びに全力で乗っかるという姿勢を崩さないのが勝因かなぁ。
具体的にはアルパカとか海未ちゃんのくだりのブッコミ方なんだけど。

それにしてもスタッフ陣がここまでいい仕事してると声優陣の未熟さが目立って勿体無い思いに駆られるなぁ。
今回は凛と真姫の声優さんがキツイかった。いや、企画の流れからしてしょうがない部分はあるし過度に叩く気も無いけどね…。
巷では「アニメ演技が出来てないだけで棒扱いは良くない」的な擁護意見を見かけるけど、凛も真姫もアニメアニメしたコッテコテなテンプレキャラなんだからアニメ演技しなきゃダメでしょ。狙ってリアル寄りな演技してんだったらむしろヤバいわ。

絶園のテンペスト 16話


樹海編では左門さんが終始グニョ~ンとなっていたけど、今回は姫さまがグニョ~ンしてたな。あれか、はじまりの樹の魔法使いは動揺に弱いのか。もしくは吉野の能力か何かか。精神攻撃系のスタンド能力的な。

それにしても、本筋のストーリーを疎かにせずラブコメや各キャラのコメディが上手く噛み合ってて本当に楽しいアニメだわ。
あとはCMでネタバレぶっこんでくるのを勘弁して頂ければ何も言う事はない。


それでは、また次回。

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春から2017年までアニメ感想を書き溜めていました。現在はブログを移転しています。
移転先

基本ネタバレ含みますのでご注意ください。
ブログ内検索
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp