忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2017/11/18 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014年夏アニメ(3Q)初回放送分感想 (2014/07/21 )

今年も早いもんで3クール目に突入ですね。というわけでいつもの初回感想。以下のルールで書いてます

  • キッズ系アニメ、5分枠アニメ、分割2期目の作品、1期未視聴の2期作品は対象外。

  • 個人評価の高い順にレビュー

  • 後半になるほどdis成分が多めなので注意。


月刊少女野崎くん

いつものことながら上位争いは多分に僕の趣味が入るわけですが、今回は動画工房制作の野崎くんが一位かなと思います。
やはり1話時点でフォーマットを作れるギャグ作品の強さ、原作が作り出した少女漫画メタというギャグフォーマットの強さ、そして動画工房特有の可愛い動きに特化したアニメ技術が合わさると1話単位での破壊力は極上のものになります。


動画工房のゆるゆり、GJ部、恋愛ラボ、未確認で進行形、と連綿と続いてきた”女子の可愛さだけを楽しむアニメシリーズ”は大変惜しいものだと思いながら眺めてきたので、ここに来て中身の伴った原作をツモれたのは良かったな、と安堵しております。


本作が動画工房の可愛いアニメ班のさらなる躍進に繋がることを期待しています。

ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ

1話時点では、適度なきな臭さを匂わせつつ見せるべきものを見せるという隙のない脚本構成でした。画面も高いレベルで仕上がっていて高い期待感を抱かせます。
ただそのかわり1話で何があったという訳でもないのですが、今回2位に持ってきた理由はひたすら志村貴子さんキャラデザのキャラクターたちが可愛い&セクシーだったから。
志村先生のテイストを存分に活かしたキャラデザに落としこんで動かしてくれただけで志村貴子ファンの心は鷲掴みです。さすが、あおきえい監督ですね。分かっていらっしゃる。
時に横顔の志村先生テイストの再現度がマジやべぇので皆さんお手元の青い花や放息子と見比べながらご視聴頂きたい。


あと委員長こと、韻子ちゃんがみかこしボイスも装備してヤヴァイ。
志村先生のボーイッシュ女子×みかこしボイス=最強。

残響のテロル

アバンのアクションシーンの作画やべぇ。劇場クオリティか何かか。というかこの映像は劇場で観たい。
Youtube、LINEといった現代的なモチーフを組み込みつつ、古い作品のオマージュや9.11を意識したトピックスを持ち込むなどしてテロと向き合っていく意欲作。
ただ世の中の感想漁ってるとオマージュについては賛否両論ある感じ。個人的にはその辺、煩くいうのもどうかと思うのですが。


とりあえず本作も謎に溢れた1話なので、暫くは様子見ですね。監督が渡辺信一郎さんなので画面のクオリティは保ったまま11話完走してくれるだろうと期待しています。

グラスリップ

西村純二監督×P.A.WORKSということでいやがおうにも期待が高まります。青春の匂いが伝わってくるかのような画面づくりはPAの得意分野ですね。


初回から学生仲良しグループの美しさと儚さ、恋の鞘当ての予感など盛り込みつつ謎の転校生を雰囲気たっぷりに登場させているので単なる青春モノという枠組みから1歩抜け出た印象を受けました。

白銀の意思 アルジェヴォルン

基本に忠実なロボット物。軍隊描写にリアリティを持たせているのが特徴とはいえ比較的地味な作品かな、と。
シリーズ構成・脚本が佐藤竜雄さんなので序盤の地味さも変に納得できる。更に云うなら後半の盛り上がりも保証されているのでは?と思うのだけどその辺は監督しだいか。


主人公が新米設定位で成長型なので序盤の展開でストレスが溜まりそうな気もする。

アオハライド

プロローグの中学生パートが甘酸っぱくて死ぬかと思った。あの感じで話が進んでたら流石に耐性がなさ過ぎて1話切りする所でしたが、高校パートからは落ち着いた感じの恋愛ものになってきて一安心。
原作が評価も高い作品なので楽しめるんじゃないかと思います。


男目線から観ると「女子同士の諍いに巻き込まれないように敢えて女子力を下げる行動をとる」という設定がすごく新鮮でした。

ばらかもん

方言全開の台詞やド田舎描写、元気系幼女と田舎系ハートウォーミング系のツボを押さえた作品。なるのキャスティングに子役を当てているのが特徴的でアニメ組の僕としてはわりとこのキャスティングでもスッと入っていけました。
ただどうしても子役の演技とアニメ寄りなデフォルメされたキャラデザは相性が良くないので、リアル寄りのキャラデザにしてくれたほうがより良かったかなぁという気もします。


個人的には田舎描写だけでは早めに飽きが来てしまいそうなので、書道パートがどのように絡んでくるのかに期待したいです。

少年ハリウッド

意外と今期の拾い物的なダークホース作品。
キャラデザと設定からキラキラした女子向けの作品かと予想させるのですが、実際には男性アイドルという職業に真摯な目線でスポットを当てた職業モノのような硬めな内容で男性視聴者でも楽しめるつくりでした。


作品の方向性が硬めなので、社長とマネージャーのキャラクター性を軽めに設定してるのが絶妙なスパイスとなっています。
またそれでいて社長とマネージャーが作品内の大人の視線としての役割も果たしていて、この両名がかなり作品のバランスを取るのに重要な役割を担っているのが面白いですね。

ペルソナ4 the Golden ANIMATION

P4GAという略称が思い切っていて気持ちいですね。
P4というコンテンツ自体が画面のデザイン、音響に優れているのでアニメもその辺を踏襲するだけで一定の評価を得られるのは美味しい。
前作のアニメもそこそこ楽しく試聴できたのでゴールデンにも同様の期待感を持っています。


巷の噂では1話の感じから”ゲーム2周目”という特殊な状況をアニメ化しているらしいので、その辺がどのように作品に影響していくのかが気になる所です。
元々ゲーム原作らしいメタっぽい描写がハマる作品だったのでこの試みも上手く行くんじゃないかと思ってます。

まじもじるるも

中二的エロセンスを軸にしたギャグに爽やかさを感じる。好き嫌いは別れるだろうけど俺はこのセンスが好きです。
特に微妙にシリアス成分を入れることで、るるもを助けるという英雄的行為とパンツを履かせるという変態行為を同居させたのには唸った。


渡辺航さんの特徴的な画風を残したキャラデザにすることで、弱ペダとのギャップ効果を生んでいて通常のギャグよりも効果的だと思っている。

さばげぶっ!

少女漫画ギャグらしさとなかよし連載らしからぬオタク臭さが混じって新鮮である。ナレーションギャグは安易な分、滑りやすい危険な要素なのだけど現状の所上手くいってる印象。
今のところちょっとギャグが弱いかなと思っているけど、まだまだ挽回可能だと思うので頑張って欲しい。原作からしてそうなのか、アニメ化で追加されたのか知らないけど、微妙に萌え要素を含んでいるような描写は全て邪魔なので潔くギャグ一本で勝負できればもっと良くなると思う。

ヤマノススメ セカンドシーズン

1期は5分尺の微妙さに参ってしまって最後まで見れなかったんだけど、作品自体は良い物だったので15分枠になった2期は観る。
山をテーマにした薀蓄もの、しろーさんの可愛らしい絵柄を再現した画面、メイン4人のキャスティングと勝利の予感しかしない安定した布陣だと思います。なぜ最初から15分でやろうとしなかったのかが謎。

プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!

1期を観て分かったことは、この作品に求めていいのはFate世界やシリアスストーリーではなくアニメ幼女を視姦する姿勢だということ。
その事さえ心得ておけば十分に楽しめる作品です。


大沼心さんが総監督扱いになったのは残念ですが、1期の魂を受け継いで幼女をエロく見せる画面作りに傾注していただきたいです。
とりあえずEDの揺れるミススカートがポルノくて大変良いものでした。

ハナヤマタ

ヨサコイが完全に未知の要素すぎて予想がつかないんですが、ただ単に美少女並べて日常ものやるよりかは全然期待できる。
とはいえ1話時点じゃなんとも言えないんですが、とりあえず着物+制服で踊るOPが楽曲・作画・演出と3拍子そろった良い出来栄えだったので暫く継続視聴していきます。

幕末Rock

色々ぶっ飛んだ設定ながら雷舞(ライブ)シーンの勢いに圧倒されてしまったので視聴せざるをえない。今期の乙女系ギャグ作品かと。

東京喰種

個人的に原作が受け付けないので、評価は低めなんですがまぁ普通に楽しめるつくりになってると思います。ただ作品の肝になっているゴア表現が軒並みNGなのが辛いですね。この辺は前期のブリュンヒルデと並んでYJ原作作品のついてない部分。


今期めっちゃブッシュされてる雨宮天さんの低めに押さえた演技と、花澤香菜さんのテンプレから外した悪女演技が聴き応えありますね。

東京ESP

初っ端から喰霊零のキャラを登場させるという、反則スレスレの話題性を確保して好スタートをきった本作。
1話時点ではエスパー戦争物としてスタンダードな見せ方しかできてないので、こういう方法での話題性の確保はある意味正解かな、と。
能力バトルエンタメ路線なら期待出来る気がするんですが、中途半端にシリアスが入ってくると微妙かも・・・と予想しています。


瞬間移動能力の残像演出がカッコ良かったですね。

アカメが斬る!

悪趣味なサド・グロ表現、ヒロインに雨宮天といろいろと東京喰種と被ってしまったのが吉と出るか凶と出るか……。
グロ表現やシリアス度では今のところ東京喰種に軍配が上る感じなので、こちらはエンタメ路線に行かないと存在感が発揮できないんじゃないかなぁと心配しています。


まぁどちらにしろ東京喰種と同様に作品の方向性自体が僕の趣味に合わないので早々に視聴切りしそうですが……。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

この辺から視聴が厳しくなりそうなラインです。
とはいえろこどるはわりと頑張ってるほう。ある程度の目標づけができてるので所謂日常もの的な退屈さはない。ただし4コマ原作特有の緩めのギャグでは間が持たず結果30分集中力を保つのが難しくなってますね。
何かしらパンチのある要素が欲しいところ。

人生相談テレビアニメーション「人生」

どうにもラノベ原作のギャグ物って何を笑えばいいのかが良く分からない。まぁ好きな人は好きなんでしょう。
フォーマットがはっきりしてるんで、観やすいほうかなとは思う。

六畳間の侵略者!?

こちらもラノベ原作のギャグなので、人生と同様に楽しみ方が分からない。そして勿体無いことに大沼心が監督を務めている。大沼監督にはプリヤを担当して欲しかった…。


1話は分かりやすい導入ながら、作品のフォーマットが示せていない分、人生に一歩劣るかなと思いました。

信長協奏曲

フジテレビがお送りする壮大な実験アニメーション。
ストーリーや宮野真守の演技は結構良い線いってるのに、アニメパートが実験的すぎてちょっと着いていけない。
モーションキャプチャも3DCGもロトスコも全然魅力的な画面作りに寄与しているように見えず、ひたすら省力化して安く仕上げている印象を持ってしまう。


特に3DCGに関しては女児向けアニメのダンスパートや、シドニアの騎士などの作品が高レベルで凌ぎを削っている現状に全くそぐわない低クオリティなので「なぜ今このタイミングで!?」という思いが払拭できない。
せめて5年前にこれを放送できていれば評価はまた違ったものになったかなと思う。

モモキュンソード

潔くB級に徹しているのでもうちょっと評価上げてもいいかな、とも思ったんですがまぁこの辺で。全ての安っぽい要素が”敢えて”そうしているという言い訳がたつのでもうツッコんだら負けです。
糞アニメマイスター向け。

LOVE STAGE!!

うーむ、この作画とノリはBL耐性・レディコミ体制が無いと辛い…。作品自体は普通の出来だと思うんだけど。
女装男子を描くときに男の線を残さないのは嘘だと思ってるので、そこが本作に食いついていけない最大の理由だなぁ。


あとどうでもいい事だけどママさんのキャラデザからは、どうしてもエロ漫画展開しか思い浮かばない。こんなに下品なフェラ顔が似合いそうなデザインないぜ

RAIL WARS!

この辺からが底辺争い。まずはRAIL WARSから。
放送前から色々きな臭い情報が流れてきていて不穏だった本作。そういった情報の真偽はともかく制作現場は荒れてるなぁと予感させる作画クオリティの低さ。
せっかくのバーニア600原案×うのまこことデザインの魅力的なキャラクター達が台無し。演出的にもセクシー描写に気合が感じられずただ単にノルマをこなしているような印象。


電車描写には明るくないので割愛しますが、電車素人でも楽しめたD-LIVE!の電車編のような魅力的なドラマは感じられませんでした。


國鉄学生OJTという設定も実に中途半端で、無理やりなバカバカしい設定を持ってくるならガルパンぐらい思い切って世界観を構築してほしいなぁと思いました。

DRAMAtical Murder

原作がBLゲーなので僕自身が対象視聴者から外れているんでしょうけど、ピンとくるものが無い作品でした。
世界観と服飾設定がチープなSF感を狙っているんだろうけど、その辺の狙っているダサさとキャラデザのキラキラ感の食い合せが悪い。


肝になっている命をかけた体感ゲーム系は他作品の遅れを取ってしまって既に時代遅れ感が激しいし、1話脚本のとりあえずキャラ説明っぷりもゲンナリさせられる。


1話時点では作画が安定してるのでキラキラ男子を楽しみたい人以外にはオススメできない感じ。

精霊使いの剣舞

設定・脚本・作画が3拍子揃って安っぽい。流石はMF文庫Jである。僕らの期待を裏切らない糞アニメっぷり。
このアニメを観るとRAIL WARS!やDRAMAtical Murderはまだ辛うじて見所らしき部分があるだけマシだった、と痛感します。


というかハーレムお色気展開にするならせめて作画リソースぐらい揃えてから制作に望んでほしい。この手のアニメで作画が低調だと本当に擁護しきれないぞ。




はい、お疲れさでした。
とりあえず1話はだいたい消化できたものの、引っ越し作業に追われてのアニメ消化だったので、まだ2話3話の視聴に追いつけずに焦る日々でございます。
セラムンCrystal、PSYCHO-PASS編集版なんかが後回しになって未視聴なのでどんどんアニメを消化していきたいですね。


それでは、また次回


拍手[1回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春からアニメ感想を書き溜めてます。
基本ネタバレ含みますのでご注意ください。

アフィリエイトについての方針はこちらを参照。

ご意見などはメールフォームから受け付けております。
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp