忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2017/10/21 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(1期)まとめ感想 (2014/10/06 )

中間感想

分割4クールという特殊な放送枠なのでまだ前半終了にすぎないのですが、とりあえず区切りということでここまでの感想を残しておきます。

1部・2部と同じスタッフでの制作ということで相変わらず気合の入った原作再現で原作の魅力を十分引き出していました。
またアニメ特有の要素としてスタンドの動きと音、敵キャラのキャスティングの2点が素晴らしかったです。

ただこの分割4クールという体制に良し悪しがあるな、というのが不満点として残りました。

スタンド描写そして敵キャラのキャスティング

スタンド描写は映像もさる事ながら音響に演出が迫力ありました。スタンドの出現音や攻撃時の音に重厚感があって自分の中のスタンドに対するイメージが違和感なく上書きされました。

特に良かったのはマジシャンズレッド。炎と爆発のエフェクトが大迫力でした。アブドゥルは偽装死亡のおかげで登場回が少ないんですが、戦闘のたびに痺れましたね。


キャスティングについては、タワーオブグレー戦での長さん・ダークブルームーン戦での玄田さんが配役という時点で攻めのキャスティングでいくつもりなんだな、と理解しましたね。ジョジョは台詞と演技がかなり特殊な作品だと思うんですけど、どのゲスト声優さんも見事にジョジョ世界に馴染む演技を見せてくれて素晴らしかったです。
あと家出少女に釘宮さんって……。そこは遊びすぎだろ!と思いましたがこういう意外なキャスティングも楽しかったです。

4クール体制の功罪

全4クール体制についてですが、ジョジョ3部は長期連載作品だったのでそもそも長い放送枠が必要だったり雑魚戦も端折らずにアニメ化したいという熱意はわかるんです。

ただ前半を見る限りエピソード的にあまり重要じゃない回まで前後編になっていたりして冗長な描写が散見されました。
また1部・2部アニメ化の際には詰め込みに詰め込んだ圧縮感がむしろ作品全体のエネルギーになっていたので、そこが無くなってしまったのはやはりパワー不足に感じてしまいます。

とはいえまだ前半戦、ここからスタンドバトルは激化していくのでそれをどう構成していくのかによっては「やっぱ4クールで正解だった!」となる可能性はあります。
後半戦で何を見せてくれるのかに期待したいと思います。

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春からアニメ感想を書き溜めてます。
基本ネタバレ含みますのでご注意ください。

アフィリエイトについての方針はこちらを参照。

ご意見などはメールフォームから受け付けております。
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp