忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2017/10/21 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

残響のテロル まとめ感想 (2014/10/06 )

総評

この作品に対しての感想は色々複雑です。
とりあえず最終回の美しさに全てを持って行かれた感が強いですね。文句もいっぱいあるんですがあの最終回見せられちゃうと何も言えない……的な。
情緒的な映像の見せ方については渡辺信一郎監督の得意なラインなので「やっぱスゴイわ」と思う反面、結局いつもの渡辺信一郎作品じゃねーか!と思ったのも事実。

なんでそんな捻くれた感想に至ったかというのは、やはり序盤のミスリードが原因だと思います。
本作の基本スタイルは序盤で謎をまき散らしておいてラストで種明かしをするというタイプなので、謎に対する答えに納得できたか?驚いたか?というのが1つの評価点になります。
そういう意味では、「うーん……あんまり」という感じなんですよね。あそこまで社会派メッセージ臭を醸し出していた前半からすると結局愛情の問題に着地してしまうのか、と。この答えが見せたいならもっと他のやり方があった気がしてしまいます。
(それこそ”テロ”、”奪われた子どもたち”、”愛”というキーワードだとピングドラムを想起させますね。)

で、ここまで文句いってもやっぱり最終回はすごいんですよ。シナリオ的にも映像的にもとにかく美しい。これだけ納得いってない僕をねじ伏せられるぐらい力強いフィルムになっている。その事実だけ取ってみてもすごい作品だと言わざるをえない。


世の中的に「ハイヴいらなかったんじゃねーの」みたいな声も聞こえますが、あんまりそういう局所的な問題でも無い気がするんですよね。最終的なテーマ部分を語るにはハイヴ必要だし。
ようは上で触れたとおりに序盤で張った伏線に対して視聴者が納得できる回答を用意できるかどうかが全てだと思います。
本作で言えば原爆、テロ、劇場型犯罪というモチーフを回収できるかどうかって話ですね。
なのでスタッフにこの手の謎かけが得意なライターを連れてくれば……!という気がします。本作だとシリーズ構成置いてないのでその辺が手落ちだったかなぁという感じですね。

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春からアニメ感想を書き溜めてます。
基本ネタバレ含みますのでご注意ください。

アフィリエイトについての方針はこちらを参照。

ご意見などはメールフォームから受け付けております。
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp