忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2017/12/11 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年11月第一週のアニメ感想 / あと山内演出について (2012/11/07 )
2012/10/28~11/3までに放映されたアニメの感想です。


新世界より5話


賛否両論あれど間違いなく今週のインパクト賞は”新世界より”でしょう。
見よ!この山内重保ワールド全開の演出を!
独特の色彩!
何やってんだか分かりゃしねぇカメラワーク!
キャラデザを無視するヤンチャさ!

既存の作品ファンとか関係ねぇと言わんばかりの作風の豹変振りに僕らは着いていくで必死ですよ。
僕も初見は作画がヤバくてこんな惨状になったのかと勘違いしそうになったわ。でも違うよね、山内さんの作風から考えて狙ってやってるよねコレ。


もうね、ネット上を見渡しても大混乱が起きてますよ。
作画崩壊という勘違いした意見に始まり、山内ディス・リスペクト入り乱れての場外乱闘。
罵倒にしろ賞賛にしろとにかくみんな語りたくてしょうがない感じを肌で感じるわ。
やっぱいいね、こういう尖った演出を巡って喧々諤々するのがアニオタの醍醐味だよね。
(※ただし熱くなりすぎて人格攻撃をするのは止めましょう。)


というわけで、僕もこの波に乗って山内演出について語ります。
まず僕的には今回に限らず山内演出は無しなんですよね。
というのも僕はアニメをはじめとした映像表現の醍醐味は、説明の美学だと思ってるんですよ。
視聴者に意識させずに説明を行うスマートな演出にかっこ良さを感じるので、説明を度外視して独自性を打ち出す山内演出とは相容れないんです。

奇抜な演出がダメというわけじゃないんで、例えばキャラの動きが少ないシーンで独特の演出を入れてくるぐらいなら全然問題無いんですよ。(今回もボノボックスのシーンは雰囲気があって良かったと思います)
ただ山内さんの場合アクションシーンでも容赦なくアップの連続とかぶっこんでくるんで、誰が何してどうなったかが全然分らない。
そうなると頭の中で脚本の整合性をとるのが精一杯になって暗喩とか心情とかに構ってる暇が無くなってしまって結果何も入ってこないんですよね。
たぶんその辺はノリで乗り切れ!ってことだと思うんだけど、だとしたらもっと薄味の脚本用意して演出に集中できるようにして欲しいと思うですよね……。


とはいえ、こういう尖った作家性を持つ演出家が存在すること自体は良い事だと思ってます。
今回は単に”新世界より”という作品との相性が悪かったという感じかな、と。
この作品は何も分らない所から始まって少しづつ世界の謎が明らかになっていく快感が一つの楽しみになっているのに、そういった脚本上の仕掛けとは全然関係ない謎演出をブチ込まれるともうどうしたらいいのか全然分らないわけですよ。
例えるならイタリア料理を食ってたら急に白米と納豆出されたみたいな不意打ち感。そして食い合わせの悪さ。
もしくはノドがカラッカラに乾いてて水が欲しいときにお汁粉出される感じ。今それじゃねぇ的な。
正直、山内さんはスポットで演出に参加するより監督として1作品作ったほうがみんな幸せになる気がするんですよね。
まぁメリーさんに関しては原作ファンが可哀そうな目に合いましたが……。


絶園のテンペスト 5話


葉風死んでるーーーーー!?
まさに衝撃の展開。反則スレスレの大技喰らった感。
今週のインパクト賞2位。(しかしこの展開のインパクトを上回る山内演出の凄さったら無いわ)
さすがにこれは次回が気になる。肩透かしで無いことを祈ります。


神様はじめました 5話


原作未読なんだけど、恐らく原作の細かいエピソード省いて奈々生様と巴衛の距離が近づくエピソードに絞って話を構成してるのかな?
なんとなく二人の距離はなぁなぁなまま神様稼業をやってくアニメかと思ってたんで、完全に奈々生さまと巴衛の恋模様を描くことにシフトした5話は意外だった。

とはいえ、隣の怪物君や好きっていいなよとは違い簡単には落ちない女・奈々生さまの少女漫画主人公っぷりが素敵でこの方向性も有りだと思います。


劇場版まどかマギカ 後編


何気に観てきたので観想を。
まぁ普通に総集編+新規カットなんでファン向けですわ。とはいえ10話以降の展開は流石に面白いんで値段分は楽しめました。
あ、それと声優さんの演技は心なしTVシリーズより気合入っているように感じて良かったです。

ただ1点気になったのは、ほむらのループ回想明けでコネクトがかかるシーン。
たしかにあのタイミングでコネクトがかからないといけないんだけど、映像は全部新規にして欲しかった。流石にあの流れでTV版OP映像は違和感が強かった。

あと最後の新作映画告知は映画が総集編なことにブーブー言ってた過去の自分が完全に釣られた感でかくて苦笑してしまった。
そりゃそうだよねぇ、ここまでのコンテンツに育ったら続編出さないわけにはいかないわ。


その他一言感想


[ジョジョの奇妙な冒険5話]
相変わらずの台詞量・熱量・謎演出で最高に面白い。
今回は凍傷を負いながらも必死に説明してくれるスピードワゴンさんの姿に感動すら覚えたわ。


[リトルバスターズ5話]
正直もう無理なんで今回で切ります。
あまりにも作中に出てくるキャラ・要素がバラバラすぎるうえに、碌にストーリー性が無く1話あたり正味20分の間に何も起こらなすぎている。
もしかしたら後で全部繋がるような展開になるのかもしれないけど、5話もかけてそういう期待感を煽れないようじゃ辛い。
完全にファン向けだと思う。



それでは、また次回。

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春からアニメ感想を書き溜めてます。
基本ネタバレ含みますのでご注意ください。

アフィリエイトについての方針はこちらを参照。

ご意見などはメールフォームから受け付けております。
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp