忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2017/11/18 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年5月第四週のアニメ感想 (2013/06/06 )
2013年05月26日~6月1日までのアニメ感想です。


翠星のガルガンティア 8話


タイトル通りいくつもの別れを描いた回でしたね。
船長の葬儀、船団の分裂、レドとエイミーという角度や尺度の異なる別れを上手く構成して1つにまとめた脚本は見事でした。またコンテ・演出も物悲しい雰囲気のもと各キャラクターの苦悩を上手く描けていたと思います。
ちょっとビックリするぐらい1話でのまとまり方が上手い回だったな、と。

個人的にはエイミーがキッチンでレドへの思いを吐露するシーンがい印象的。今までレドを心配しつつも明るく振舞っていただけに、暗い面を見せられるとグッときますね。

それと葬儀の手順のようなものが丁寧に設定・描写してあってこの作品をSFとして楽しんでる僕的には凄く良かった。
こういう所を丁寧に描写することであの世界での”生活感”が感じ取れて引きこまれますね。


進撃の巨人 8話


ある意味最大の見せ場である所のエレン復活回。原作を読んだ時の「ヤラレタ!」という感覚をアニメ組の皆さんも味わったでしょうか?
もうアニメ的な話からはズレちゃうけど、超大型巨人の登場からエレン食われーの、謎の巨人大暴れからエレン復活の流れは完璧すぎて嫉妬ものですよ。こんなのを20台前半で思いついて描けちゃう作者がスゴすぎるわ。

で、原作読んだ時にはエレンゲリオンに心奪われて印象が薄かったんだけど、ジャンとかアルミンが地味に活躍しているのがなかなか良かった。
戦闘以外のスキルで活躍できる場面があるのが渋くて好みです。あとジャンが普通に良い奴というか人間臭くてちょっと好きになっちゃいましたよ。


よんでますよ、アザゼルさん 9話



ヒドい!(最大級の褒め言葉)

こんな下ネタまみれのヒドいアニメを大人が一生懸命作ってるというだけで胸が熱くなる。
こういう大人に、私はなりたい。
相変わらず歌系はNGなのかまたもや謎のオリジナルソング。一体何曲作る気ですか監督!
フルバージョンは何に収録されるのか今から気になります。

いやーそれにしても一応原作の時点でヒドい話にしかならないのは予想してたけど、動いて喋る変人48面相の威力が予想以上でしたわ。
動きの滑らかさ、嫌な効果音の完成度が凄い。監督の何かを間違った情熱の高さが伺えます。
硬軟交えた三木さんの演技も最高でしたね。というか何か申し訳ないです、本当にご苦労様です。



相変わらずメガテンⅣが面白すぎて更新停滞中です。
たぶんもうちょっとで終わるので来週は早めに更新したい。

それでは、また次回。

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春からアニメ感想を書き溜めてます。
基本ネタバレ含みますのでご注意ください。

アフィリエイトについての方針はこちらを参照。

ご意見などはメールフォームから受け付けております。
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp