忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2017/12/11 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年6月第三週のアニメ感想 (2013/06/24 )
2013年06月16日~6月22日までのアニメ感想です。

マジェスティックプリンス 12話


なんだか非常に懐かしいノリのお遊び回。
イズル・スルガが一言も喋らなかったりケイ・タマキがコスプレ行脚だったりとサービス回と実験回をごちゃ混ぜにしたような自由な脚本・演出で終始ニヤニヤしながら観てました。
アイキャッチの圧倒的90年代臭から考えてもかなり意識的に”あの頃”のノリを再現しようとする意図が見えるのだけどなんでそんな事したのか一切謎ですね。監督インタビューとかあったらぜひ12話について聞いて欲しいなぁ。

ただこういうハチャメチャな回でもマジプリらしいなぁ…と思えて許容できるのがこの作品の振り幅の大きさを感じますね。

はたらく魔王さま! 12話


5話以来の緊張感の無いバトル!シリアスなバトルを軽いノリでこなす独特のノリがこの作品の肝といって良いでしょう。
天使が一生懸命シリアス進行するなかポンポンとギャグを飛ばす魔王・勇者・ちーちゃんは流石です。

”魔力を取り戻した魔王は勇者以外倒せない”という絶対の不文律があるのも往年のギャグバトルを彷彿とさせて良いですね。バトル自体も意外と作画に気合が入っているし魔王も魅せる戦い方をするので観てて気持ち良い。

鈴乃さんがギャグに参加しなかったのは残念だったけど、伊藤かな恵の恥じらい演技が大変素敵だったので良しとします。

それにしても最後に全てを持っていく芦屋恐るべし。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 12話


実質の最終回。前回で文化祭編は終わりかと思ったら、今週でちゃんと決着付けてくれましたね。
相模はどうしょうもないクソ女なので、今回のヒッキーのヒールぶりは褒め讃えたいぐらいですね。マジあの取り巻きの女とかも超ムカつきますよ!
それに引き換えこっそりヒッキーに手を振ってくれる戸塚きゅんの天使っぷりったらない。

まぁ真面目な話として文化祭編はヒッキー・ゆきのんのぼっち組の成長が感じられてすごく良かったですね。最後にこういう良エピソードを持ってくると作品自体への評価も上がります。
総評は最終回後にちゃんと書くけど、もうちょっと恵まれた枠だったら化けた作品だったかもなとちょっと惜しい気になりますね。

惡の華 12話


1話と同様の演出で引きを作る演出がニクイ。最初は憧れの佐伯さんの体操服で最後が仲村の部屋って対比になるわけですね。
内容については最終回を観てからまとめて語りたいので保留にするとして、今回の見所はなんといっても仲村ダッシュですね。
5話での水ぶっかけ後・6話でのピンポンダッシュに続く仲村ダッシュ。あのなんとも言えない生々しさと意外と早いダッシュは見るたびに面白くて仕方ない。

長濱監督曰くあのダッシュは実写キャストの佐々木南さんの功績らしいですよ。いやー良いダッシュ力だわ。
こういう動きが入るのもロトスコでやった面白味の一つだよなぁ。




RDGは今週最終回だったのであとで個別記事を起こします。あの作品もあと一歩惜しい所があって色々語りたいんですよね。
それでは、また次回。

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春からアニメ感想を書き溜めてます。
基本ネタバレ含みますのでご注意ください。

アフィリエイトについての方針はこちらを参照。

ご意見などはメールフォームから受け付けております。
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp