忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2017/10/21 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風立ちぬ 感想 (2013/08/19 )
うん、普通に面白かったです。

ポニョとは別方向に宮崎監督の作りたい物作ってるなぁということが感じられる映画でしたね。
ポニョは子供向けという大義面分の元、ガチガチに尖ったニッチ層向け映画でしたが、本作はさすがお子様向けではないにしろ、ミーハーな一般層が生ぬるい覚悟で視聴に挑んでも満足させられる出来になっていると思います。

ゼロ戦を設計した堀越二郎をモチーフにした映画ということで、テーマ的に渋くてニッチ。作中の描写も渋い題材にふさわしく余計な説明が省かれているので、知識が無いと分からない点は多かったように思います。というか僕自身がミリ知識も当時の情勢も知らないことだらけなので、あぁここの所もっと深く知ってればなぁ、と思うことが多かったです。
例えば、当時のドイツの工業力やユンカース航空機製作株式会社についての知識、ゼロ戦が戦時中にどういった活躍をして他の戦闘機との差異はなんだったのか、といった点ですね。

とはいえ知識の無い人でも楽しめるように夢のシーンで分かりやすく二郎の飛行機に掛ける思いを演出したり、奥様との恋愛描写に大きく尺をとったりと工夫が凝らしてあってさすが宮崎アニメだなと唸りましたね。
この文章の冒頭で「普通に」と言ったのはこういった僕の知識不足のせいでフィルムとしてはかなり高いレベルで娯楽作品かつ宮崎監督の趣味映画として完成していると思います。
多分知識の揃った人が見ればもっと高く評価する作品なんだと思います。あくまで想像ですが。

兎にも角にもやっぱり宮崎アニメって随所に観客が楽しめるような配慮が行き届いていて、圧倒的な演出力と作画でその物語を支えるんだから面白いわなぁ、ということを再認識できて良かったです。(ポニョの時はもうダメなんだと本気で絶望したし)


あ、それと庵野さんね。どうかね?まぁいまさら宮崎アニメのキャスティングについてどうこういうのも何だけど、声優使わないにしてもちゃんとした俳優さん使おうよ。
庵野さんも素人としては100点満点に頑張ったと思うし「庵野がいたからぶち壊しだ!」とは思わないけど、やっぱり他の役者陣とは1枚も2枚も劣るし、観ていて「あぁこのシーンはちゃんとした役者が演じればもっと良いシーンになっただろうな」と思うことが多々あったですよ。
このキャスティングは駿お爺ちゃんの悪ふざけでしか無いよなぁ……。


それでは、また次回

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春からアニメ感想を書き溜めてます。
基本ネタバレ含みますのでご注意ください。

アフィリエイトについての方針はこちらを参照。

ご意見などはメールフォームから受け付けております。
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp