忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2017/11/18 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その他 2014年第1Q終了作品感想 (2014/04/12 )

ざっくりと2014年3月に終了した作品の感想を。

スペース☆ダンディ

スペダンはとりあえず1期終了ってことで軽く感想をば。
えーっとまぁコンセプト通りに自由に遊んでいて観ていて気持ちいいっす。ただそういう制作側の遊びを楽しめる視聴者じゃないと着いていけないのが厳しいっちゃ厳しいね。
まぁそんなことは百も承知でやってんだろうから、言ってもしょうが無い。

今のところお気に入りの回を3つ挙げるなら、4話のゾンビ回、6話のサーフィン回、10話のループ回。
回によって当たり外れはあるんだけど、基本的に面白い回の方が多いのでもちろん2期も期待して待ってる。

バディ・コンプレックス

こちらもとりあえず1期終了。ただし2期の予定が未定なのが怖い……。
ひたすら王道のSFロボット物を繰り広げながらちょっとだけずらして来るのが憎らしい作品でした。また尺が少ないことが良い方向に作用してポンポンと展開していくテンポ感が良かったですね。

最終回も1期ラストに相応しい盛り上がりと区切りの付け方で好印象でした。分割2期だと変な引っ張り方をする作品も少なく無いですから。

あと最終回付近での怒涛の展開(主にビゾンの扱い)と、最終回後に公開された某緑の恐竜とのコラボで放送中以上の盛り上がりを見せたのがなんとも皮肉的で楽しかったです。

桜Trick

深いことは考えずにとにかくキスしようぜ!で13話乗り切った作品でした。まぁ悪くないけどね、それ以上でもないけど。
もうちょっと色々できる気もするけど、安定感を求めてこのぐらいで収めるというのも戦略のうちでしょう。作画についても欲張らず低く安定させてたし。
戸松さんの脳みそお花畑な女子の演技が素晴らしかったですね。

世界征服 謀略のズヴィズダー

悪かったわけじゃないけど期待したほどでもなかった。天斎監督とめておを組ませてこの出来ってのは勿体無いなぁ。
特にガッカリしたのは風呂敷を広げるだけ広げてギャグっぽく終わらしちゃった所。ああいう締め方すると全体的に安っぽくなるよね、と。
天斎監督の作風だと謎は謎のまま雰囲気ではぐらかすことが多いので、あのギャグ調はめておの仕業かしら。

中盤まではかなり良く出来ていたのに、どうしてこうなった。
黒星紅白のフェテッシュなキャラデザと久野美咲という飛び道具も仕掛けて掴みは抜群だっただけに非常に惜しい作品でした。

いなりこんこん恋いろは

こちらも惜しい作品でしたね。
せっかく各話単位で色々遊べる設定だったのにずいぶん小さくまとめてしまったなぁという感じ。

あのラストはそれまでに積み重ねた、いなりとうか様の絆の分だけ感動的になる仕掛けなのでやはり10話では短すぎるかと。まぁそれが13話だったとしても感動的になったかは疑問ですが。
あんなにバッサリと終わらせずに、とりあえず2期に望みを託すという選択肢は無かったのかと思います。

とはいえアイムから独立したプロダクションアイムズの腕試しとしては最適な作品だったと思います。作画面で実力があることを示したのでアイムズが次に手がける作品に期待したいですね。




はい、というわけで2013第1Qの終了作品11作品のレビューでした。個別記事を起こした作品は以下のリンクから。こうして記事に起こしてみるとやはり週に10本前後が僕の消化力では限界ですね。一応、ウィザードバリスターズとWakeUpGirlsも途中まで追っていたんですが消化しきれなくて切ってしまいました。

さて、すでに4月も中旬。さっさと新アニメを崩していかないとですね。

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春からアニメ感想を書き溜めてます。
基本ネタバレ含みますのでご注意ください。

アフィリエイトについての方針はこちらを参照。

ご意見などはメールフォームから受け付けております。
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp