忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2017/12/11 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年2月第四週のアニメ感想 (2013/03/06 )
2013年2月24日から3月2日までに放映されたアニメの感想です。


ラブライブ!8話


脚本上のヤマ場に最高の演出を用意した素晴らしい回でした。

毎度言ってますがラブライブは作品としての振り幅が広くて、正攻法を軸に変化球も織り交ぜてくる良いアニメなんですよ。
今回の話はまず正攻法としての絵里の葛藤とμ'sのメンバーが全員揃うエピソードをスポ根ノリや止め絵演出を用いて感動的に仕上げてきました。特に9人揃った所でファーストシングルの楽曲に繋げるあたりはベタだけどにくい演出でしたね。
そして変化球としてスマートフォンでの多次元会話という実験的な演出に挑戦する姿勢がアニメオタク的にグッときます。(あと久々登場のアルパカを使ったギャグが地味にツボ。)
個人的にあのスマホでの会話シーンは全員が会話に参加しつつも、それぞれのメンバーが誰と一緒にいるかでプライベートでの親密度を感じられて良かったですね。


新世界より21話


なんか鏑木さんが余裕こいてるうちに死んだー!?
正直呪力の漏出(業魔化)のあたりは上手く理解できないのと、呪力の漏出自体が視覚表現してない事がネックになって鏑木さんの死に際がよくわからんかった……。たぶん遺伝子単位で改変を受けたって事なんでしょうけど。

富子様・鏑木さん・ハゲのオッサンの死は驕りを捨てきれなかった人間達がスクィーラの知略に屈するという象徴的な表現なのかなぁと感じましたね。(それにしてもハゲのオッサンが祭りを強行しなきゃこんな惨事にならずに済んだという点であのオッサンの迷惑度がスゴイ。勝手に先走って死ぬし……。)

今回の話のラストで早希はスクィーラの狙いに気付き恐怖するわけだけど、これでバケネズミへの認識を改め逆転していく展開になってほしいと心底思う。

そいでまぁアイツの正体が真理亜と守の子供ってのは、ビックリしたね。そうきたかと。
確かに過去回で子供を攫う描写はあったし、きちんと設定踏まえて考えれば予想できるようになっているあたりが上手いですね。やっぱりこの作品は設定と理由付けが丁寧で好感が持てるなぁ。
今週はPSYCHO-PASSで妙な後付け設定が出てきたから余計にそう思う。


まおゆう魔王勇者9話


久々まおゆうに言及。いや、今回は結構頑張ってたなと思って。
メイド姉の演説に長尺とった構成はかなり思い切っていたと思います。戸松さんも力を入れて演じている事が感じられる好演でした。
惜しらむは悪役が間抜けに描かれていて緊張感が無かったことですかね……。(狼と香辛料のときは悪役が悪役然としていたからこれは原作の違いなのかしら?)

あと今回の話は魔王の手も勇者の手も借りずに人間だけで事を収めた点がキーになるのかなと思いました。本作では魔王は言うに及ばず勇者も人外の力を有したチートキャラとして描かれているので最終的には人間の手で安定した社会を築くという段階までいくのかなと予想してます。



それでは、また次回。

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春からアニメ感想を書き溜めてます。
基本ネタバレ含みますのでご注意ください。

アフィリエイトについての方針はこちらを参照。

ご意見などはメールフォームから受け付けております。
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp