忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2017/12/11 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年8月第三週のアニメ感想 (2013/08/27 )

2013年08月18日~8月24日までのアニメ感想です。

ガッチャマンクラウズ 7話

ベルク・カッツェのキャラ設定・セリフ・演技がブチ抜けていて面白い!いわゆる煽り系の敵キャラなのに超強い、煽りも悪意に満ちていて強烈、そして宮野さんの演技がこの強烈なキャラのウザさ・怖さを増幅してますね。
やっぱり悪役が輝くとヒーロー、そして物語自身も輝くわ。

単純なヒーロー物としても今回の話は滾る展開だったけど、この作品はテーマでもあるネットと社会の関わりという点で観ても興味深い戦いでしたね
カッツェVS丈は、ネットの悪意と旧来的な正義のぶつかり合いという風に読み取れるようになっているかと思います。この戦いを一方的なものとして描いた、という点に中村監督のメッセージが感じ取れますね。カッツェの戦い方も姿を隠しての遠距離攻撃だし、色々と意味深だわ。

また、今回の話でパイパイ・OD・丈の心の内が垣間見えて今後の人間ドラマにも期待が膨らみます。というか、パイパイあそこから逃げるかよ…。変身形態が超カッコイイからギャップがすげぇ。

物語シリーズセカンドシーズン 8話

阿良々木さんの血涙に全力で同意!!本当この人の荒ぶり方は人としてダメな方に全力すぎて最高だわ。
今までは曲がりなりにも知り合いに対しての冗談・セクハラだったけど、今回完全に不審者のソレだったからな。

それにしても、タイムトラベルだけでも唐突だなと思ったけど歴史修正物にまで発展するか。とことん自由なシリーズだな。

マジェスティックプリンス 20話

チーム・ドーベルマンの戦死を丁寧に描いていて好印象。こういうシーンを感傷的に描けるか否かで脚本家の地力が試されると思うのだけど、そういう意味で吉田玲子さんは流石だと思います。
吉田さんは尖った特徴があるわけではないんだけどきちんと基本を押さえた、地味だけど良い仕事をする脚本家ですよね。

また今回は元永監督のコンテ・演出回で脚本の良さを活かした良い演出になっていて涙を誘いますね。
タマキの動揺とそれを見守るメンバーの様子でチームラビッツの心情を感じられる良いシーンでした。

そしてドーベルマンが得た情報によって戦況が大きく動き、いよいよ最後の決戦への準備が整いましたね。戦略面でもそうですが、イズルの体調や、アサギの心境でも大きな山場を迎えるお膳立てが済んでいるのでいやがおうにも期待が高まりますね。




それでは、また次回。

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春からアニメ感想を書き溜めてます。
基本ネタバレ含みますのでご注意ください。

アフィリエイトについての方針はこちらを参照。

ご意見などはメールフォームから受け付けております。
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp