忍者ブログ

800画報アニメ観戦記

アニメの感想とか近況報告
[PR] (2017/11/18 )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その他 2014年第3Q終了作品感想 (2014/10/08 )

あいまいみー 妄想カタストロフ

今期も超楽しんだ。
ありがとうちょぼ先生、ありがとういまざき監督。
「処女厨大勝利!」をTVで流した時点であんたらの勝ちだよ。
3期待ってます。

アオハライド

これてっきり2クール作品だと思ってたんですけど分割の話もきかないしとりあえず1クールで終わりなんですね。
ちょっと勿体無いなぁ。
物語もようやく第一段階が終わったという所だし最終回で新キャラの顔出しする辺り売り上げ次第じゃ2期やる気満々って感じですかね。

1クールでのシリーズ構成も大変収まりがよく洸のイケメンっぷりも楽しめたのでぜひ2期をやって欲しい所です。

ばらかもん

こちらもシリーズ構成的に上手くまとまった感のあるアニメ。
もうちょっと田舎暮らし偏重になるかなぁなんて嫌な予想の仕方をしてたんだけど、ちゃんと書道や主人公の成長という要素絡めて仕上げてくれて良かった。

ただちょっと本作のギャグの指向が俺にあってなくてそこは辛かったかな、という感じ。

まじもじるるも

ギャグに特化するわけでもなく、お色気に特化するわけでもない微妙な立ち位置の作品でしたが個人的には楽しめました。
というかお色気要素がちゃんとギャグとして組み入れられていたのでなんだか安心感がある。サービス描写って普通にエロいとギャグが成り立たないからねー。

るるもが気の毒なくらいポンコツだったり、メインストーリーが結構不穏な雰囲気を醸し出しているあたりが気になるっちゃ気になるんですがまぁその辺は原作買って補完ですかねー。

グラスリップ

今期一番の問題作。いやダメとかつまらないとかじゃなくね。
一応6話くらいまでは付いて行けていたつもりだったんですが、そこから先は完全に振り落とされました。

振り落とされたなりに考察してみたんですけど、この作品は恐らくダビデこと沖倉駆をどう位置づけるかによって理解度が変わると思います。とりあえず普通のボーイミーツガールのヒーローとして位置づけたら死ぬ。あと全てを知ってる謎の存在的立ち位置でもない。どっちも序盤でミスリードされるけど。

じゃあどういう存在なんだよ、と聞かれても「そんなん俺も分からんわ!」という感じ。というか透子と駆の関係性ですら謎が多いのにやなぎと雪哉、幸と祐の関係性も一筋縄では終わってないからね。たぶん2周か3周して観れば気付くことも増えてくるアニメだと思うんですけど僕にはそんな気力がありません。

誰かが解説記事書いてくれるのを待ちたいと思います。

さばげぶっ!

なかよし発の異色のギャグ作品ということでそこそこ面白かったんですが、常にネタ切れ感が漂っていてサバゲネタの辛さを実感。
今期は他のギャグ作品に強力なものが多かったのも不幸でしたね。
30分枠でやらずに15分、5分枠であるならもう少しポテンシャルを生かせたかもしれません。

ハナヤマタ

美少女日常物の巣窟こときらら系雑誌掲載作品が原作ではあるものの、きちんと部活ものとしての指向性があったので最後まで視聴出来ました。

ただシリーズ構成が失敗しているのか原作通りなのか知りませんが、エピソードごとの力加減がバラバラすぎてシリーズ全体のまとまりに欠けた印象です。
特に最終回前後のアメリカに旅立ってすぐに帰ってきちゃう展開には閉口。やりたい事は分かるけどそんなインスタントな感動展開ぶっ込まれても白けるだけですから。

まぁ作画は安定していたのでそこは評価できます。

東京ESP

結構期待して観ていたんですが途中で作画力が落ちて回復すること無く最終回を迎えてしまいました……。あとこれも2クールやると思ったんだけどなー。

アクション主体のバトル物なんでやはり作画がついてこないと評価を大きく下げないといけないのが辛いところ。1クールのみということでストーリー自体も尻切れトンボだしテーマ性も薄いし……。
総じて不幸なアニメ化だった気がします。




はい、というわけで3Qに終了したアニメの感想でした。
個別記事を上げた作品は以下

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(1期)
残響のテロル
キャプテンアース
ペルソナ4 ゴールデン
月刊少女野崎くん
スペースダンディ

分割2期物の感想はあとで時間を見つけて書こうと思います。




以下、取り留めもない話なんですが他に書くタイミングも無いので書いておきます。

最近アニメを観てて思うのは中規模程度の作品でも綺麗な作画を維持し続ける事が珍しくなくなったなぁということです。今期だと見るからに作画が崩壊してしまったアニメは1作品のみでした。(僕の視聴範囲内で)
これはアニメの制作体制が成熟しているからなのか?はたまたBD/DVDの売上が生命線となっている現状が”作画を安定させ続ける”という圧力となっている結果なのか?と考えを巡らせています。

また作画安定の話で言うと、いよいよ分割2期がスタンダードになってきたのだなぁと感じます。
前期で2クール通しで放映したのはジョジョ、キャプアスの2作品のみでしたからね。(僕の視聴範囲内で)
安定した制作体制を維持するために分割2クールにする事自体は賛成なんですが、ここまで少なくなるとなかなか寂しい思いがします。

こういったアニメ業界の変化を観ていると、作画を安定させる事に意識が向きすぎていないか、業界内に変な歪みを産んでいないか?など勝手に色々と心配してしまいます。
まぁ、アニメ関係者の方はくれぐれも無理をしないでくださいねという事です。

それでは秋アニメを崩していきますかね。

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
いちナぎ
性別:
男性
自己紹介:
2012年春からアニメ感想を書き溜めてます。
基本ネタバレ含みますのでご注意ください。

アフィリエイトについての方針はこちらを参照。

ご意見などはメールフォームから受け付けております。
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アニメ感想インデックス
最終回まで観たアニメの総感想記事まとめ

終了作品感想インデックス
ツイート
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp